日本選手権1万Mの裏で箱根駅伝復活出場を目指す立大が快走 上野監督のペースメイクで国安と林が28分台突入

日体大長距離競技会1万メートルで28分台をマークした立大の国安(右)と林(左)。ペースメーカーを務めた上野監督(中央)も笑顔を見せた
日体大長距離競技会1万メートルで28分台をマークした立大の国安(右)と林(左)。ペースメーカーを務めた上野監督(中央)も笑顔を見せた

 陸上の日体大長距離競技会が7日、横浜市日体大健志台陸上競技場で行われ、男子1万メートル最終組で、立大の国安広人(1年)が28分53秒82で全体トップを取った。全体2位にも立大の林虎大朗(2年)が28分55秒09で続いた。「日本一速い監督」と呼ばれる上野裕一郎監督(36)がペースメーカーとして出場し、5000メートルを14分22秒で通過。6000メートルで上野監督が途中棄権した後も国安と林は粘り強い走りを見せて、国安は1万メートル初レースで28分台をマークし、林は自己ベスト記録を約50秒も更新して、自身初の28分台に突入した。

 東京・国立競技場で日本選手権1万メートルの激闘が行われていた頃、上野監督率いる立大ランナーが日体大長距離競技会1万メートルで快走した。兵庫・須磨学園高出身のルーキー国安と福岡・大牟田高出身の2年生の林が28分台をマークした。6000メートルまで安定したペースメイクで教え子2人をサポートした上野監督は「林も国安も28分台を出せると思っていました。次はペースメーカーがいない関東学生対校(5月19~22日)や全日本大学駅伝関東選考会(6月19日)で力強い走りができるか。期待しています」と笑顔で話した。

 「上野監督のおかげで走りやすかったです。関東学生対校では入賞を目指します」と国安は力強く話した。林は「28分台はうれしいですけど、国安に負けたことは悔しいですね」と満足することなくコメントした。

 立大は2018年11月に2024年の創立150周年記念事業として「立教箱根駅伝2024」をたちあげ、中大やエスビー食品などで活躍した上野監督を招へい。1968年以来の箱根駅伝復活出場を目指している。

 昨年の箱根駅伝予選会。各校12人がハーフマラソン(21・0975キロ)を一斉スタートし、上位10人の合計タイムで10枠の本戦出場権を目指す戦いで、立大は最初の5キロを1位で通過し、ライバル校と駅伝ファンに大きな衝撃を与えた。最終的に16位だったが、結果以上の存在感を示した。今年10月の箱根駅伝予選会ではダークホース以上の存在となりそうだ。

 箱根駅伝予選会の前には、その試金石となる全日本大学駅伝関東選考会がある。1万メートル8人の合計タイムで7枠の出場権を争う。「全日本大学駅伝も箱根駅伝も出場を狙っています」と国安は意欲的に話す。

 「立教箱根駅伝2024」は来年10月の第100回箱根駅伝予選会突破をターゲットとしているが、目標達成が1年、早まる可能性は十分にある。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請