イッキに紹介します(栗東)

スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日は久々にやって来ました、中京競馬場からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、中京は1か月半ぶりになります。前日から名古屋に入っているんですが、いや~、1か月半って短いようでも、そうでもないかもしれません。1か月半前、ホテルの部屋に入った時、暖房がついていて、寒さもホッと一息という感じでした。しかし、今回は入った瞬間に部屋はひんやり。冷房です。とはいえ、寒いという感じではなくて、実に心地いい。昨日も実に暑かったですからね、1日を通じて。冬→夏になってしまった感じを改めて実感した次第です。

 ただ、まだ真夏っていう感じでもありません。中京競馬場は最寄り駅から競馬場まで長々と坂があるのですが(続にフローラルウォークというものです)、夏場にここを歩くと汗ダラダラで、1レース前から大変なことになるんですよね。けど、今日は長袖を着ていながらも、そこまで汗はなし。現時点では朝食ビュッフェで食べ過ぎたぶん、胃はかなり重い状態ですが、快適な気分でパッチパチを行っております。

 ということで、そろそろ本題へ。今日は2歳馬情報を中心にお伝えしたいと思います。

 意外に1か月ぶりぐらいになりますかね。恐らく今回がPART3になるはず。まずは【ファイナルスコアの20(牡、父ロードカナロア)】です。こちらは母系に凱旋門賞で2着だったシーオブクラスがいますね。セレクト当歳セールで2億円がつきました。友道厩舎では兄のエカテリンブルクを管理していたんですが、「兄ほど大きくないし、いいと思う。セリの時からいい意味で変わりなくきています」と友道調教師の期待度は大きそうですよ。最近、色々な調教師さんにカナロアの産駒について聞くとき、一つの目安として、「大きすぎない」というのが評価のポイントになっている気がします。

 続いては【ハーパー(牝、父ハーツクライ、母セレスタ)】はセレクト当歳で8600万円。お母さんはアルゼンチンのG1勝ち馬です。馬主はエムズレーシング。こちらも感触は悪くありません。「血統的に気性面がどうかですが、そこだけで、体はいい。牝馬にしては体があって、ハーツ産駒らしさを感じます」と口にします。じっくりと育てていく方針で、夏か秋にゲート試験のイメージ。距離は融通が利きそう、とのことです。

 ハーツ産駒の牡馬では【スヴニールデジール(牡、父ハーツクライ、母ゴールディーエスポニー)】。正直、POG向きという点でのプッシュではないんですけど、「いいですよ。距離はもちそうで、体もある。2歳戦というタイプではないが、先々に走ってきそうな感触があります」と冷静に分析しつつ、将来性を感じ取っている様子。秋あたりのゲート試験になりそうです。あと、半兄にレイオブウォーターがいる【ノーブルクライ(牡、父ハーツクライ、母ノーブルジュエリー)】も「パワータイプで距離があった方がよさそう」とのこと。こちらは現時点で夏の試験から秋のデビューを目指したい青写真です。

 あとは今年に続き、サトミホースカンパニーとのラインでは【サトノグランツ(牡、父サトノダイヤモンド、母チェリーコレクト)】。お母さんはイタリアの重賞を2勝し、セレクト1歳セールで1億500万円つきました。大きな馬で夏にゲート試験、秋デビューの予定なんですが、「馬はいいです。(間近で見ていた)サトノダイヤモンドと似ています。緩そうで、胴が長くて。ただ、パワーがありそうで、いいと思いますよ」と手応えを持っています。同じくサトミホースカンパニーさんの馬では半兄に天皇賞馬のレインボーラインを持つ【サトノマジック(牡、父ジャスタウェイ、母レーゲンボーゲン)】もいます。

 最後は世界規格の良血馬、【ルモンドブリエ(牡、父エピファネイア、母ラクレソニエール)】です。お母さんは仏1000ギニーと仏オークスの勝ち馬。馬主は社台RHです。夏場にゲート試験を受ける予定とのことですが、気になったのは「特に最近(3月下旬)、良くなってきた感じがする」という言葉。この時期の成長、変化っていうのは、いつまで経っても注目しちゃうんですよね。当然、このお父さんなので、狙うはクラシックということになりそう。今後の動向に要注目です。

 では、ネット限定「厳選馬」ですが、こちらも友道厩舎、東京10Rの6フライライクバードを。間隔を空け、狙いすました一戦です。続いては馬券王への道 延長戦でございます。

阪神2R・7エンドレスロード(前走は久々で、気分よく行きすぎた。自分のペースで見直せる)

阪神11R・1グルーヴィット(「これは面白いと思うよ」と松永幹調教師。1200メートルでは堅実な内容が光る)

東京9R・13フラーズダルム(直線で脚を余した前走は参考外。スムーズな競馬で突き抜ける)

新潟11R・5ダノンマジェスティ(前回は小回りでゴチャついた。こちらも新潟外回りでスムーズなら)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

スポーツ報知のPOG情報「馬トクPOGプリント2022」を全国の主要コンビニのマルチコピー機で発売中です。
 「社台ファーム」、「追分Fリリーバレー」、「ノーザンF早来」、「ノーザンF空港」など、毎年のように多くのG1ホースを競馬場に送り込む社台グループの牧場で育成された2歳馬たちのスタッフコメント、血統を含めたプロフィルなどの情報がぎっしり詰め込まれています。
 今年は各牧場のスタッフコメントのほか、スポーツ報知のPOGブログでおなじみのヤマタケ記者(山本武志記者)の厩舎レポートやヤマタケ記者、大上記者の注目馬10頭のリストつきです。
 購入方法はこちら

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×