【中日】大野雄大が9回までパーフェクト投球…延長10回に佐藤輝に初安打の二塁打許す

スポーツ報知
中日先発・大野雄大(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 中日1x―0阪神(6日・バンテリンドーム)

 中日・大野雄大投手が6日の阪神6回戦で9回までパーフェクト投球を続けていたが、0-0で迎えた延長10回2死に30人目の打者である佐藤輝に右中間へ初安打となる二塁打を打たれた。

 9回まで打者27人で抑えていたが、延長戦に突入したため完全試合扱いにはならない。

 大野雄は19年9月14日の阪神戦でノーヒットノーランを達成している。

 この日の大野は伸びのある直球に、左腕の宝刀・ツーシームがキレキレ。阪神打線を手玉に取った。特に4番・大山には勝負球にツーシームを選び、2打席連続で空振り三振を奪った。8回には2死一、三塁で大野に打席が回ったが、中飛に倒れ、自ら先制点を生み出すことはできず。中日打線は9回も阪神・先発の青柳を攻略できないまま、0-0で延長戦に突入していた。

 延長戦で完全試合を逃したのはプロ野球2度目。05年8月27日、西武・西口が10回無死、楽天・沖原に安打を許して以来。逆に、延長戦で完全試合を達成した例はなく、大野雄は史上最長の29人完全投球だった。

 なお試合は大野が初安打を許したあとの延長10回に中日がサヨナラ勝ちした。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×