【藤原義雄の南紀直送便】餌取りに苦戦も遠投でサイズアップ…串本大島・樫野 「角石高場」

スポーツ報知
藤原さんが仕留めた35センチの口太グレ。コッパ尾長に手こずりながらも遠投でサイズアップに成功した

 寒グレのシーズンが終わり、南紀は難しい時期に入った。紀伊有田のように40~50センチオーバーを含めて30~40尾も釣れている場所は例外的にあるが、あえてホームの串本大島・樫野に4月28日、釣行した。

 午前5時過ぎ、港に着くとイヤ~な波音がしていた。本命のカツオ島方面を見ると「ヒラトコ」、「大ガツオ」、「小ガツオ」はすべて波が船着き場を越えていた。この時期は南東や北東の風がよく吹くのでカツオ島には、なかなか上がれない。

 午前5時半、「永田渡船」(TEL0735・65・0454)で出港。内磯の「角石高場」に渡してもらった。釣り場近くの定置網に50センチオーバーが数尾入ったという情報があり、期待大。竿は1号5メートル(がまかつ・グレ競技スペシャル4)、仕掛けは道糸が1.75号、ハリスは2号、ウキ0号(藤原ウキ・ウエポン)、ハリ6号(がまかつ・TKO)。ハリ上30センチにG5のオモリを打って、タナ1ヒロで開始。刺し餌は、生オキアミと「くわせオキアミスーパーハードM」(マルキユー)を使った。

 丁寧に足元を攻めると、1投目から水しぶきが上がるほどのウキ入れがあった。しかし、釣れたのは20センチの尾長グレ。その後も1投1尾のペースで23センチまでの尾長がヒットした。徐々にポイントを沖に移していくと、20メートル沖まで海面の色が変わるほどコッパ尾長が、まき餌に群がった。

 さらに沖では3投に1尾の割合で28センチの口太が掛かったがキープサイズではない。25~30メートルとさらに沖を攻めると、餌が残るようになった。仕掛け(ハリス1.5号、ウキ00号のゼロスルスル)がなじむ瞬間に31センチ、次は32センチが連続ヒット。コッパ尾長は姿を消し、30センチ前後までの口太が入れ食いになったのだ。

 まだ、このサイズでは面白くない。刺し餌が長く残る30メートルライン付近に3か所ポイントをつくり、順番に攻めた。期待通りに34センチ、35センチ2尾とサイズアップ。ついにパターンをつかめた!

 北東風が強くなり、ウキをLサイズの00号に変更。しばらくすると一段と風が強くなり、あっという間に波がかなり高い場所まで上がってくるようになった。午後1時前、これ以上は危険と判断。後ろ髪を引かれる思いで撤収した。

 今回は餌取りのコッパ尾長に手こずったが、遠投で突破口を開いた。皆さんも釣り方を工夫して好釣果を目指してほしい。

※毎月第1木曜日に掲載。

 ◆藤原 義雄(ふじわら・よしお)1950年9月20日、徳島・鳴門市生まれ。71歳。21歳からグレ釣りを始め、数々のトーナメントで活躍。「ゼロスルスル釣法」の考案者。がまかつ、マルキユーなどメーカー数社のインストラクターを長年、務める。グレ闘友会会長。和歌山県白浜町で餌・釣具店「フィッシングベース海クン」を経営し、南紀の磯釣りに精通。プロ野球は大の巨人ファン。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×