TOKIOが福島から恩返しの社会貢献 8万平方メートル土地購入でファンと使い道決める

スポーツ報知
購入した福島県西郷村の土地を訪れたTOKIOの(左から)松岡昌宏、城島茂、国分太一

 株式会社TOKIOの新プロジェクトが幕を開ける。城島茂(51)、国分太一(47)、松岡昌宏(45)が購入した福島県西白河郡西郷村の約8万平方メートルの土地で、ファンと共に何を行うか決めていく壮大な企画。同社の関連会社として設立した「TOKIO―BA(トキオバ)」の社長に就任した国分太一がこのほど、スポーツ報知などの取材に応じ、前代未聞のプランの構想を語った。

 2年目を迎えた株式会社TOKIOが前代未聞のプロジェクトを始める。国分は「今のスキルや知識の多くは、福島に教えてもらったので。今度は、僕らが全国に教えたり、社会貢献ができないかな」。日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」(日曜・後7時)で縁の深い同県への思いから、同県南部西郷村の約8万平方メートルの土地を購入した。

 東京ドーム2個分の広大な敷地をどう使うか、まだ何も決まっていない。「先頭に立つのは僕らではなく、皆さんのアイデア」。近日公開されるオリジナルアプリ「TOKIO―BA」で全国からアイデアを募り、形にしていく。野球場、コンサート会場、温泉―。真っ白なキャンバスに無限の可能性が広がるが、国分は「坂で滑ることも、たこを揚げることもできる。1年目は何もない所で遊んでくださいとかもね」。夏は草や木々が茂り、冬には雪が積もる。イノシシ、ウサギ、鹿も出る。「大いに爪の中に土を入れてほしいし、地球で遊んでほしい」と笑う。

 東京から新幹線と車で約2時間、車なら約2時間半。4月下旬に自ら車のハンドルを握った時は渋滞もあって3時間半かかったが、ストレスは感じなかったという。「高速道路から見える山の緑が淡くて。空も水彩画で描いたような水色。そこに、藤の花が咲いていて。それはこの時期だけで。ゴールだけじゃなくて経由地も楽しんでほしい」。道の駅など経由地も含めたプロデュースも計画にある。

 プロジェクト名は「TOKIO」と「場所」をつないだ「TOKIO―BA」。昨年4月にジャニーズ事務所内の独立という形で株式会社を設立する以前から構想があった。“独立”から1年がたち「大変でした。移動中にリモートで打ち合わせしたり、シンプルに仕事が倍になった」。それでも国分の表情は晴れやかだ。「ジャニー(喜多川)さんに『YOUやっちゃいなよ』って言われてきたからやりましたけど、『ここまではやんなよ』って言われている気がします。でも、何でもできるのがアイドルの強みだから」。そう笑う国分の表情同様に、無邪気で壮大な“夢”が始まる。(田中 雄己)

 ◆インフラ整備実施

 〇…現地では電気の引き込み工事が完了し、井戸を掘って水質調査をするなどインフラの整備工事を行っている。重機で土地を整備した城島は「この場所から、たくさんの子供たちの笑顔が生まれれば。何もないことを楽しむ。まずはそんな1年を僕自身も楽しみたい」。開通した水を放水した松岡も「自分たちが経験してきたことを新しい角度でチャレンジできる面白い遊び場にできれば。まだまだ大変な状況下ではありますが、大好きな福島で一緒に成長していきたい」と語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×