高木豊氏が見た原巨人の勝因…香月と戸郷のアグレッシブなバント処理で赤ヘルの強み消した

3回無死二塁、上本崇司の一塁バントを捕球した香月一也が三塁へ送球。二塁走者・堂林翔太がタッチアウトになる(カメラ・相川 和寛)
3回無死二塁、上本崇司の一塁バントを捕球した香月一也が三塁へ送球。二塁走者・堂林翔太がタッチアウトになる(カメラ・相川 和寛)

◆JERAセ・リーグ 広島3―6巨人(4日・マツダスタジアム)

 3イニング連続で補殺を食らう場面というのは、長らく野球界にいるけどあまり記憶にない。普通なら負けの展開だろう。それでも巨人が勝てたのは、守りで広島に流れを完全に渡さなかったからだ。

 大きかったのは前半にあった2つのプレー。まず3回無死二塁で、香月が上本のバントに猛チャージして走者を三塁で刺した。続く4回は戸郷。無死一塁から中村健が仕掛けてきた三塁線へのセーフティーを機敏に処理して、打者走者をきっちりアウトにした。今季の広島は送った後によくタイムリーが出る。その強みを消した。5回に3点を先行されたとはいえ、2つの素晴らしいバント処理がなければ、もっと傷口は広がっていたかもしれない。

 巨人はもともと、守りの堅いチームだ。負けが込むとプレーも消極的になり、ミスも連鎖するものだが、派手さはなくとも積極的な守りが流れをギリギリでつなぎ止めていた。結果的に岡本和の一発を呼び込んだといってもいい。

 それにしても心配なのは死球を受けた吉川の状態。大事に至らなければいいが…。手放しでは喜べない白星になってしまった。(スポーツ報知評論家・高木豊)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請