【中日】立浪和義監督が京田陽太を強制送還「2軍でやり直して来い」試合後一問一答

スポーツ報知
5回1死、京田に代打を告げる立浪和義監督(カメラ・佐々木 清勝)

◆JERAセ・リーグ DeNA―中日(4日・横浜スタジアム)

 中日はDeNAに大敗し、連勝が3でストップした。両チーム無得点で迎えた4回の守備で大和の二遊間へのゴロを遊撃・京田が捕り損ね、内野安打に。その直後に岡田が嶺井に先制2ランを被弾した。7回にも3番手・福が牧に6号3ランを浴びるなど一挙4失点。立浪和義監督は攻守に精彩を欠いた京田の2軍落ちを明言した。以下は一問一答。

―初回にチャンスをつぶした

「ああいう絶好機をつぶすと、あと流れが悪くなるのが野球なんで。嫌な予感は的中ですよね。いきなりピンチも迎えたけど、何とかしのいで、初回の一、三塁いい形で作って、点が取れなかったのが全てではないですかね」

―DeNA・大貫も2回以降は状態が良くなった

「ねえ。立ち直ってきたし、まあ一つ見ていて、こっちがチャンスなのに、ピンチで打席に立っているみたいに映るし、向こうの方が苦しいはずなんでね。やっぱりもっと積極的にいけ、空振りしてもいいからと言っているのに、手出さなかったらあかんし」

―石川昂は初回に2球で追い込まれて三振

「追い込まれたらやっぱりフォークがあるわけなんでね。追い込まれるまでにストライクゾーン、初球スライダーだったかな。たとえ狙っていなくても手を出さないといけないボールなんでね。あと見逃し三振とかね。チャンスで。振らないと始まらないし、今日は悪いところがいっぱい出たんでね。しっかり反省して切り替えてやらないと、昨日(3日)の逆みたいな試合をしていたら。せっかく(3日は)いい形で勝っているのに。もったいないですよね」

―5回に京田に代打を送った

「代打というか、取れるアウトをね。打つ打たないというのはずっと調子悪いから我慢してやっているんですけど、守れなかったら。あとは顔を見ていても全く精彩がないんで。であれば2軍でやり直して来いと。ということで今日は途中で代えました」

―試合中もベンチに姿がなかった

「もう帰らせました」

―代役は

「三ツ俣が上がって来る予定です。明日」

―京田はイチからやり直す

「そうですね。あれだけ結果が出ないと、本人が一番苦しいんでしょうけど、出ている以上はそんなことは関係ない。こっちも気を使って何とかさせようというふうにやってはいたんですけど、もう戦う顔をしていないんで外しました」

―4回の二遊間の打球も後ろにそらしたが

「この間の甲子園もそうですけど、あのへんの打球に入っていけない。というところもやっぱり守備だけでもきちっとしてくれたら。打てないのは別に8番だからいいんですけど。いいプレーもしているんですけど、ちょっと一回、考え直した方がいいと思ったんで、そういう判断です」

―本人にも伝えたか

「はい」

―8年ぶりの先発の岡田はどう見たか

「ミスも結構、(高橋)周平のフライ(初回の大田の飛球を落球も結果はヒット)とかありながら、本当に5回2、3点で抑えてくれればと。その通りなんですけど。せっかくいいボールもあるのにあれだけ3ボールになったら恐くてこっちも使いにくいですよね。粘ってはいたんですけど」

―今後は

「これから考えます」

―福も7回に牧に被弾

「本来のというか、良かった時に比べると自信がないのか、ストライク先行するのはいいけど、あれだけ逆球ばかりだったら打たれますよね」

―中継ぎエースのロドリゲスをベンチから外した

「5試合で4回ぐらい登板したので。今日は初めから1日あけるということで。まあ展開的には使うと来なかったので結果的に。まあそんな感じです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×