【高校野球】 浦和学院が2年連続17度目の優勝 先発・芳野大輝が6回無安打無失点の好投

スポーツ報知
春季埼玉県大会を制した浦和学院の選手たち

◆春季高校野球埼玉県大会▽決勝 浦和学院4―0山村学園(4日・大宮公園)

 浦和学院が2年連続17度目の優勝を果たした。先発した芳野大輝投手(3年)は、6回まで無安打無失点の好投で勝利に貢献した。

 「無安打ということは気にせず、1イニング1イニングを全力で投げることを意識した」と芳野。課題である制球面について「普段は自分から崩れる時があるが、今日はカットとチェンジアップがよかった」と振り返った。

 無安打投球を続けていたが、左ふくらはぎをつったため降板。「いけるところまでいきたかった。自分で勝ちたかったので悔しい」と残念がった。

 5月21日から栃木県で開催される、春季関東大会に向けては「エースの宮城だけじゃなく、任されたイニングを投げたい」と闘志を燃やした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×