スーパーGT第2戦 GT500はトヨタのウェッズスポーツ、GT300はスバルBRZがポール

スポーツ報知

 自動車レースのスーパーGT第2戦の公式予選が3日、静岡・富士スピードウェイ(1周4・359キロ)が行われた。

 GT500はトヨタのウェッズスポーツ・アドバンGRスープラ(国本雄資、阪口晴南組)が1分26秒137、GT300は昨年の総合王者、スバルBRZ・R&Dスポーツ(井口卓人、山内英輝組)が1分34秒888でそれぞれポールポジションを獲得した。

 予選はノックアウト方式で行われ、ポールポジションを決めるQ2はウェッズスポーツが阪口、スバルは山内がアタック。2人のパフォーマンスにそれぞれのチームメイトも驚きを隠せなかった。国本が「早いドライバーがチームメートで本当に良かった」と言えば、井口は「山内選手が宇宙人のようなタイムアタックをしてくれた」と手放しで喜んでいた。

 決勝は4日14時30分から100周のロングディスタンスで行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×