【注目馬動向】天皇賞(春)3着テーオーロイヤルの次走 岡田調教師「1週間ほど様子を見て」

スポーツ報知
テーオーロイヤル

 天皇賞(春)で3着だったテーオーロイヤル(牡4歳、栗東・岡田稲男厩舎、父リオンディーズ)は、1週間ほど栗東トレセンに在厩させてダメージの度合いなどをチェックし、次走を決定する。

 岡田調教師は「無事にレースから上がってきました。58キロを背負っての道悪はさすがに厳しかったようですが、いい経験になった。次走などに関しては1週間ほど在厩させて考えたい」と、初G1でも好勝負を演じたリオンディーズ産駒の健闘をたたえていた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×