巨人女子チームが選手を募集…来季の本格始動に向け

スポーツ報知
巨人女子チームの(前列左から)山下陽夏、金満梨々那と、(後列左から)島野愛友利、吉安清

 読売巨人軍は2日、来年からの本格活動を目指している女子チームの選手募集を23日から始めると発表した。

 今回募集するのは、高校3年生や大学生を対象にしたもの。一次選考はオンラインで、23日から31日までにジャイアンツの専用HPに投球や打撃フォームなど、ポジション別に異なる自身の動画をアップロード。通過者は8月30日に実技トライアウトを行う。

 また、9月にクラブチームなどでプレーしている選手を対象にした同様の選考も行われ、こちらは10月4日に実技を行い、最終的に20人前後のチームになる予定。球団社長付女子野球アドバイザーの宮本和知 氏(58)は、「いよいよジャイアンツ女子チームの本格始動に向けて、セレクションが始まります。コロナ禍ということもあり一次選考はデジタルセレクションですが、全国から、私のここを見て!ジャイアンツでプレーしたい!という強い意思を持った皆さんのご応募、お待ちしています」とコメントした。

 巨人女子チームは西武、阪神に続く3球団目のNPB傘下チームで昨年12月に発足、来年から関東周辺地区の女子硬式野球リーグ・ヴィーナスリーグ(報知新聞社など後援)加入を目指している。先行して活動を始めているチーム員は現在、金満梨々那(22)、吉安清(18)、山下陽夏(22)、島野愛友利(18)の4人が、ジャイアンツアカデミーのコーチなどとして働きながらジャイアンツの施設を使って練習しているが、単独チームでは活動できないため、4月に開幕した今季のリーグ戦は都内のクラブチーム「ゴールドジム」の一員として出場し実戦を積んでいる。

 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×