イビチャ・オシム氏死去、古巣クラブが発表 元日本代表監督、享年80歳

80歳で死去した元日本代表監督のイビチャ・オシム氏
80歳で死去した元日本代表監督のイビチャ・オシム氏

 元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が死去したと、かつて指揮を執ったオーストリア1部のSKシュトゥルム・グラーツ公式HPが伝えた。享年80歳。オシム氏は5月6日に81歳の誕生日を控えていたが、同HPは「81歳の誕生日の5日前、シュトルムの世紀のコーチはもういません。彼はサッカーをはるかに超えた影響力を持っており、彼の言葉は永遠に私たちに残ります。シュトルムファミリーは、私たちがこれまでに知った中で最も偉大な人々の1人を失いました。妻、二人の息子、そして家族全員に心からお見舞い申し上げます」などとつづり、別れを惜しんだ。

 指導者としてユーゴスラビア代表を率い、90年イタリアW杯でチームをベスト8に導いたオシム氏。2003年にジェフ市原(現J2千葉)の監督に就任し、考えて走るサッカーをチームに浸透させ、05年にはナビスコ杯(現ルヴァン杯)で優勝を果たした。2006年には日本代表監督に就任。しかし07年11月に脳梗塞で倒れ、その後代表監督の座を離れた。しかし日本サッカーに多大な影響を与え、オシム氏も日本代表などの動向を常に見守るなど、日本を離れた後も関係は続いていた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×