本田翼、寮母になる ボーイズグループと「ワクワク」共同生活…TBS系10月期連ドラ「君の花になる」

ボーイズグループが住むアパートの寮母を演じる本田翼
ボーイズグループが住むアパートの寮母を演じる本田翼

 女優・本田翼(29)がTBS系10月期の連続ドラマ「君の花になる」(火曜・後10時)で主演することが1日、分かった。本田の同局ドラマ出演は、2017年の「わにとかげきす」以来約5年ぶりで初主演となる。

 演じるのは元高校教師・仲町あす花(なかまち・あすか)。幼い頃からの夢をかなえ高校で奮闘していたが、挫折して退職。引きこもりになってしまう。アパートの住み込み寮母を引き受けるが、そこは7人組ボーイズグループが共同生活をする寮で、グループのリーダーは、教師時代に夢を託した教え子であることが判明。9歳年下の男子たちと共同生活するという、オリジナル脚本のラブコメディーだ。

 本田は「ボーイズグループのお世話係という、今までに聞いたことも演じたこともない役柄で、さらにオリジナルストーリーなので、どんな展開が待っているか今からワクワクしています」と抱負。あす花は挫折してどん底の状態から、夢を追うボーイズグループと出会い、自分を取り戻していく。「その心情と過程を丁寧に表現していきたいと思います。メンバーには元教え子がいるのですが、彼との“キュンポイント”にもぜひ、期待していただきたいです」と話している。

 ボーイズグループの7人はオーディションで選抜。詳細は4日以降、ドラマ公式SNSで順次発表される。さらに劇中だけでなく、期間限定のボーイズグループとして実際にデビューすることも決定。同局の公式YouTubeチャンネルで、オーディションや芝居、ダンス、ボーカルレッスンの様子が毎週配信される。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請