【青葉賞】プラダリアでダービー切符つかんだ池添謙一騎手、「すごくうれしい」弟・池添学調教師とのコンビで本番へ

スポーツ報知
弟・学調教師(左)の頭をなでながら笑顔を見せる池添

◆第29回青葉賞・G2(4月30日、東京・芝2400メートル)

 日本ダービー(29日)トライアル、第29回青葉賞・G2は本番と同じ東京競馬場の芝2400メートルで行われ、4番人気のプラダリア(池添)が差し切り、重賞初挑戦で優勝。同じくディープインパクト産駒の2着ロードレゼルとともに、ダービーの優先出走権を手にした。

 「池添兄弟」の夢が再び動き出した。池添謙一騎乗のプラダリアが堂々の差し切りでダービー切符をもぎ取った。弟・池添学調教師とのコンビでは、昨年のスプリングSのヴィクティファルス以来2度目の重賞制覇。同馬で挑んだ昨年の大舞台は14着に敗れたが、「今年も一緒にダービーに向かっていけるので、すごくうれしい」と鞍上は気持ちを高めた。

 ディライトバローズがつくる流れは1000メートル通過58秒9の速い流れ。中団で控えると、直線は上がり3ハロン34秒2の末脚を繰り出し、内で粘るロードレゼルを抑え込んだ。「速くなったけど、僕の馬はいいリズムで行った。本番を見据えての競馬」と、半馬身の着差以上のV内容に手応えを示す。

 デビュー時から素質を高く評価されながら、初勝利まで3戦を要した。その3戦目の前走は7馬身差の圧勝。軌道に乗っての重賞初挑戦Vは、さらに先を見据えてのものだった。「期待していた馬。目いっぱいの仕上げではなかったが、勝てて良かった」と学調教師が満足顔なら、「初めて乗った時からクラシックを意識した。素質はいいものがあるのでこのまま無事にいってほしい」と謙一ジョッキー。ディープインパクト産駒と描く、大きな夢を4週後、兄弟でつかみにいく。(松末 守司)

 プラダリア 父ディープインパクト、母シャッセロール(父クロフネ)。栗東・池添学厩舎所属の牡3歳。北海道新冠町・オリエント牧場の生産。通算成績は4戦2勝。総収得賞金は6472万2000円。重賞は初制覇。馬主は名古屋友豊(株)。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×