名牝の流れ(栗東)

スポーツ報知

 こんにちは、山本です。今日も栗東に居残ってのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、つい先日のこと。スーパーで食材を買い物していますと、自分が思っていたより値段が高い。何でだろ、と思ってレシートを見てみると、大した額の違いじゃないんですけど、妙に気になったのが消費税です。いやね、10%にまで上がったのは知っていましたよ。ただ、実際にレシートで金額を見ると、結構な額になることに、心の小さなワタクシは驚いたりするのです。

 平成元年に3%からスタートし、個人的には大学時代に5%になったんです。その頃からガッツリと個人購入することが増えてきて、消費税=5%のイメージが非常に強いんですよね。当時はたかが5%でしょ、という感覚だったのですが、最近になって、10%がズシリと押し寄せてくると、意外に5%というのもキツかったよなという思考回路に陥ったりするんですよ。そう、「たかが5%」ではなく、「されど5%」だったのです。メチャクチャ、今さらですが…。ということで、この10%が将来の我々を救ってくれるのかと疑問を持ちながら、今後も消費税と向き合う所存です。

 ということで、日本人なら当たり前のことを長々と書きつつ、そろそろ本題へ。まずは本日の栗東に入ってきた馬なんですが、目を奪われたのは2頭。藤岡厩舎の現2歳世代、初の入厩馬となる【リッスンアップ(牝、父リアルスティール、母リッスン)】です。姉にタッチングスピーチなどを持つ同馬はトレーナーの高い評価をお伝えしたと思います。そして、もう一頭が高野厩舎の【ネアセリーニ(牡、父ハーツクライ、母スウィートリーズン)】です。お母さんは米G13勝馬で、兄にディアスティマ。サンデーRの募集価格では1億円がついています。今度、また取材しておきます。

 そうそう、今日の坂路モニターを見ていると、「母スマートレイアー」の文字。そう、あのお母さんの初子になる【スマートジェイナ(牝、父ロードカナロア、母スマートレイアー)】も今週28日、母と同じ大久保厩舎に入っていましたよ。あと、28日といえばPOGで常に人気の【フォトンブルー(牡、父ハーツクライ、母シルヴァースカヤ)】も武幸厩舎に入厩。セレクト1歳セールで1億3500万円がついた馬です。

 では、2歳馬情報。今日は音無厩舎について、少し触れたいと思います、まずは音無厩舎といえば、カンパニー、リンカーン、ヴィクトリーなど切っても切り離せないのが近藤英子オーナー。今年は【セレンディピティ(牡、父ドゥラメンテ、母ジェラシー)】がいます。こちらも母系はグレースアドマイヤ一族で、先述した馬たちの近親にあたります。5月あたりには栗東近くまで移動予定とのことですよ。「父がドゥラメンテでどのような結果が出るかだけど、恐らくは切れのある馬になるのではないかと思っている」とのこと。この母系の底力は本当に侮れませんからね。クラシック路線で注目したい一頭です。

 あと、すでにゲート試験に合格し、一度放牧に出されていますが【ハレアカラフラ(牝、父ラブリーデイ、母オーキッドレイ)】も面白そうです。馬主は金子真人HD。レイパパレの近親になりますね。ラブリーデイに特別な意識はないとしながらも「この馬自身は馬格があって、雰囲気もいい」と評価は悪くなさそうです。さらに、ゲート試験合格組ではシルクの【ナイトキャッスル(牡、父シルバーステート、母サダムグランジュテ)】もいましたね。担当は平井助手で最初は「ダートの方がいいかもしれませんね」と話していましたが、調教が進むにつれ、「悪くなさそうですよ」と徐々にトーンが上がっていました。ひと息入れて、これからどうなるかでしょう。

 最後に良血馬2頭。サンデーRの【イストロス(牡、父ロードカナロア、母ドナブリーニ)】は姉に3冠牝馬のジェンティルドンナがいます。トレーナーも口にしていましたが、牝馬が走っている血統なので、その点がどうかですが、「カナロア産駒は体が大きすぎない方がいいと思っているが、この馬はちょうどいい感じ」とのことで、6月頃の移動を目指しているとのことです。あと、音無厩舎でマイル路線を中心に活躍した母を持つ【レッドルヴァンシュ(牡、父ロードカナロア、母レッドアヴァンセ)】も注目の一頭。母が晩成の馬だったので、秋以降のデビュー予定とのことですが、楽しみにしたいところです。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京8R・1レフトゥバーズ(実はエフフォーリアが勝った共同通信杯でも◎にしていた馬。前走できっかけをつかんだ今、こんなところで立ち止まってもらっては困ります。東京マイルもベスト)

 続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

阪神2R・5カフジペンタゴン(強力な同型不在。浜中Jの強気なエスコートに期待)

東京4R・7インサニティ(前走は脚がありそうだったがもたれていた。脚力は相当。久ビスあでも)

福島11R・14ハギノアトラス(この距離はベストか。ゲートさえ五分なら好戦必至)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

スポーツ報知のPOG情報「馬トクPOGプリント2022」を全国の主要コンビニのマルチコピー機で発売中です。
 「社台ファーム」、「追分Fリリーバレー」、「ノーザンF早来」、「ノーザンF空港」など、毎年のように多くのG1ホースを競馬場に送り込む社台グループの牧場で育成された2歳馬たちのスタッフコメント、血統を含めたプロフィルなどの情報がぎっしり詰め込まれています。
 今年は各牧場のスタッフコメントのほか、スポーツ報知のPOGブログでおなじみのヤマタケ記者(山本武志記者)の厩舎レポートやヤマタケ記者、大上記者の注目馬10頭のリストつきです。
 購入方法はこちら

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×