土曜阪神競馬場の注目激走馬…阪神11R天王山ステークス

スポーツ報知
天王山ステークスが行われる阪神競馬場

阪神11R天王山ステークス・馬トク激走馬=グレートウォリアー

 昨年5月の欅ステークス2着(東京ダート1400メートル)以来の実戦。後方から直線メンバー2位の上がりで果敢に追い込むも、勝ったタガノビューティー(その後根岸S3着)に頭差だけ後れをとった。3着にブルベアイリーデ(シリウスS、東海S、マーチSとも3着)、4着にヘリオス(根岸S、黒船賞とも2着)と重賞級ぞろいの中で地力強化を見せた一戦だった。

 レース後の検査で左前脚の種子骨靭帯を痛めていることが判明し、今回久々の実戦。外厩・ノーザンファームしがらきで3か月ほどじっくりと乗り込まれ、3月20日に帰厩。坂路で時計11本を重ねた。先週のオアシスステークスは除外だったが、調整がさらに進み、態勢はより整ったとジャッジする。1400メートル戦で楽に好位を取れるスピードがあり、距離短縮は問題なく、雨を含んだ馬場も得意。福永騎手をキープして、いきなりから上位争い。

勘や主観的なものに頼らず、客観的なデータを元に競馬を予想すると、的中率、回収率が大幅に改善します。今週のレースも馬トクの客観的なデータで攻略しましょう。ご購入は下記リンクから。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×