鹿島、通算1000試合目メモリアル勝利 J1最多555勝 節目飾った首位浮上!

スポーツ報知
前半、ボールを競り合う鹿島・和泉竜司(右)とC大阪・松田陸(カメラ・石田 順平)

◆明治安田生命J1リーグ▽第10節 C大阪0―3鹿島(29日・ヨドコウ)

 鹿島はクラブのJ1通算1000試合目の試合を制し、首位に浮上した。

 鹿島FW鈴木がクラブのJ1通算1000試合目となるC大阪戦で1得点1アシストの活躍を見せ、節目の勝利と首位浮上に貢献した。前半6分にゴール前のこぼれ球をヘディングで押し込み、同14分には左サイドのクロスでMF松村の追加点をお膳立て。通算555勝目(143分け302敗)を手繰り寄せて、「鹿島の長い歴史の中で大事な日だった。こういう勝ち方ができてうれしい」と振り返った。

 試合開始時に雨は上がったものの、強い風は残り、ピッチにも水が浮いていた。ゲーム主将の鈴木は試合前のコイントスで選択権を得て、悪コンディションの中でチームを風上に移動させた。「(風下の)風向きが嫌だった。前半から押せ押せで行きたいというのがあった」と判断。浮き球を使ったパスに、止まることを予測した長めのパス。アクシデントに備えてボール、相手を最後まで追い切った。J最多の555勝目にも、細部にこだわる姿勢が詰め込まれていた。(内田 知宏)

サッカー

×