鹿島が3発快勝で首位浮上…J1通算1000試合目の鈴木「長い歴史の中で大事な日だった」

スポーツ報知
試合後、勝利を喜ぶ鹿島イレブン(カメラ・石田 順平)

◆明治安田生命J1リーグ ▽第10節 C大阪0―3鹿島(29日・ヨドコウ)

 鹿島が節目のJ1通算1000試合目を快勝で飾り、首位に浮上した。FW鈴木優磨が1得点1アシストの活躍。前半6分に味方のシュートのこぼれ球を頭で押し込み、同14分には、左サイドからのクロスでMF松村優太の追加点をお膳立てした。今季4得点目を「ルヴァン杯(大分戦)でも、こぼれ球から決めていて、こぼれ球には良いイメージがあった。決めるだけだった」と振り返り、節目の勝利を「鹿島の長い歴史の中で大事な日だった。そうした日にこういう勝ち方ができてうれしい」と受け止めた。

 1000試合の内訳は、555勝143分け302敗。引き分けが日常的な結果であるサッカーで、30年目を迎えても5割を超える勝率を残している。この日は荒天の中で試合開始を迎えたが、前半は風上を選び、水の浮いたピッチ上では浮き球を駆使するなど、勝利を積み重ねてきた一端が垣間見られた。レネ・バイラー監督は「メモリアルな試合を勝利できたのは素晴らしいこと」と笑みを浮かべた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×