最軽量級から無差別挑戦の高藤直寿は初戦敗退「次こそ1勝」…柔道全日本選手権

スポーツ報知
1回戦で田中大勝(右)に敗れた高藤直寿(代表撮影)

◆柔道 全日本選手権(29日、日本武道館)

 体重無差別で争われ、男子60キロ級で東京五輪金メダルの高藤直寿(パーク24)は、1回戦で90キロ級の田中大勝(アドヴィックス)に開始1分12秒で腕ひしぎ十字固めを決められ、一本負けとなった。

 高藤は最軽量級ながら五輪金メダリストとしての自覚も胸に、推薦で18年大会以来の参戦を決めた。結果は完敗だったが、4階級上の相手に果敢に挑む姿に試合後、観衆から温かい拍手が送られた。それでも前日会見で「勝ちに徹する」と語っていた高藤は悔しさをあらわに。「負けが悔しい。もう一度、五輪や全日本選手権で優勝して全日本選手権に戻ってきて、次こそ1勝したい。もう一回出ます」と雪辱を誓った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×