鈴木誠也を高評価するカブスの主軸・コントレラスが涙のメンバー交換…ブレーブス在籍の弟と抱擁

スポーツ報知
カブスのウィルソン(左)とブレーブスのウィリアム、コントレラス兄弟(カブスの公式インスタグラム @cubs のストーリーより)

◆米大リーグ ブレーブス5―1カブス(28日、アトランタ=トゥルイスト・パーク)

 鈴木誠也外野手が所属するカブスで主軸として活躍する、ウィルソン・コントレラス捕手が28日(日本時間29日)、敵地でのブレーブス戦で試合前のメンバー表交換を行った。ブレーブス側から現れたのは、控え捕手で5歳年下の弟・ウィリアムだった。

 ホームプレート付近で審判団とともに集まり、弟を抱きしめた兄。同じメジャーのグラウンドで戦えることに感極まったウィルソンは、あふれる涙を抑えられなかった。この様子は米大リーグ公式や地元放送局のSNSをはじめ、両球団の地元局の中継でも流されて「なんてすばらしい瞬間だろう」と実況も感動していた。

 コントレラスはカブスの扇の要、打線でも3、4番を任されるチームの中心的選手。開幕してまだ10試合ほどしか経過していない時点で、米メディアに対して「これまで一緒にプレーしてきた中でベストプレーヤー」と鈴木を称えていた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×