【広島】佐々岡真司監督「失敗すれば僕の責任」中崎翔太、島内颯太郎と勝ちパターン投入も大逆転負け

スポーツ報知
7回、交代を告げる佐々岡真司監督(カメラ・義村 治子)

◆JERAセ・リーグ 広島5―9ヤクルト(28日・マツダスタジアム)

 広島は、まさかの敗戦となった。

 4回に坂倉が先制2ランを放ち、九里が7回無失点と好投。2点リードのまま試合が進み、佐々岡監督は8回から勝ちパターンを投入した。

 2番手に中崎がマウンドにあがったが、1死から3者連続四球で満塁となり、村上に同点の2点打を浴びた。3番手に島内を投入したが、長岡に押し出し四球を与えてしまい、勝ち越しを許した。その後もオスナに適時打を浴び交代。

 黒原は松本直に適時打、なお、2死満塁から山崎に走者一掃となる二塁打を打ち込まれた。3投手で1イニング9失点。

 試合後、佐々岡監督は「うちの勝ちの2人。信頼して送り出した。失敗すれば僕の責任。切り替えて頑張ります」と話すにとどめた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×