杜このみ、1歳3か月長女は「高安関そっくり」 四股上手、朝から牛丼も…都内で復帰コンサート

スポーツ報知
コンサート前には第2子を授かったおなかに優しく手を当てた

 大相撲・東前頭筆頭の高安(32)の妻で、演歌歌手の杜このみ(32)が28日、東京・北区の北とぴあで復帰コンサートを行った。

 第1子の女児の妊娠、出産を経て2年半ぶりのステージ。師匠・細川たかしの「望郷じょんから」や、ライフワークの民謡、最新曲の「郷愁おけさ」など21曲を披露した。復帰ステージだが、このほど第2子を授かり、夏頃に出産予定であることが明らかに。「体調の様子を見ながら無理をせずに頑張っていけたら。妊娠中にしか感じられない感情を持って歌いたいと思っております」と語った。

 1歳3か月の長女は「高安関そっくり」といい、身長は同じ年ごろの子よりも大きいという。早くも離乳食を終え「四股を上手に踏みます。今朝は牛丼を食べていました。小学生くらい食べます」と成長著しい様子だ。

 高安は先場所で優勝決定戦の末、若隆景に賜杯を譲ったが、本人は「復活の姿をお見せすることができた」と手応えを感じていたという。第2子妊娠については夫も大喜びで「男の子なら相撲界、女の子なら演歌歌手。英才教育です」と夫婦で同意。「性別は先日分かったんですが、まだ内緒で」と笑顔で話しつつ、先場所後に撮影した“家族4人”の幸せショットを披露した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×