【天皇賞・春】人気馬またピンク帽 タイトルホルダー8枠16番 栗田調教師「最善を尽くす」

スポーツ報知
G12勝目を狙うタイトルホルダー

◆第165回天皇賞・春・G1(5月1日、阪神競馬場・芝3200メートル)枠順発表=4月28日、美浦トレセン

 メンバー唯一のG1馬タイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎、父ドゥラメンテ)は8枠16番に決まった。

 桜花賞では1番人気のナミュール、2番人気のサークルオブライフがともに8枠で馬券圏外に去った。皐月賞も8枠のイクイノックスが2着と、4月のG1戦線において上位人気馬が8枠に組まれることが続いており、勝利にも手が届いていない。

 だが、栗田調教師は「与えられた枠で最善を尽くします。作戦はこれからジョッキーと相談します」と意に介さなかった。

 菊花賞も前走の日経賞も逃げてV。8枠からどう運ぶかも含めてそのレース運びが注目される。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×