川崎 千葉Jに15点差快勝で3連勝

スポーツ報知
勝利に貢献した川崎・藤井(c)KAWASAKI BRAVE THUNDERS

 ◆B1リーグ第34節 川崎ブレイブサンダース92―77千葉ジェッツ(27日、とどろきアリーナ)

 B1リーグの川崎ブレイブサンダースは、千葉ジェッツを92―77で下し、3連勝で今季38勝目(13敗)を飾った。

 第1クオーター(Q)の川崎は、序盤からパブロ・アギラールのポストプレーを起点に得点すると、守りでも千葉にペイントエリアで仕事をさせずゴールを死守。中盤以降は、藤井祐真の得点などでスコアを伸ばし、27―20と先行した。

 第2Qは、開始早々から千葉の猛攻を受けながら、増田啓介らの得点でリードを維持。その後も、逆転のチャンスを与えるも、ジョーダン・ヒースのダンクなどで持ちこたえ、45―44で前半を終えた。

 第3Qは、わずかなリードで試合が進むと、残り3分を切り連続ファストブレイクで6点をリード。終盤でも、篠山竜青の連続得点などで点差を維持し、72―66で最終Qに臨んだ。

 第4Qは、開始から5分間を2得点に抑えディフェンスで圧倒。勢いに乗った川崎はオフィシャルタイムアウトまでに15点差まで広げた。その後も、藤井の3ポイントなどで得点を積み重ね、92―77でタイムアップ。後半で一気に突き放した川崎が、3連勝で今季38勝目を手にした。

 勝利に貢献した藤井は「一人ひとり本当に気持ちが入ったプレーをしていたことが出だしのところで現れた。チームの課題でもあるゲームクロージングのところでも最後までしっかりとリードを保つことができ、チームとして成長したと思う」と試合を振り返った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×