【青葉賞】日本ダービーへ好視界!グランシエロ仕上がり絶好「馬体締まってきた」武井調教師やる気

スポーツ報知
日本ダービートライアルへ向け順調なグランシエロ

◆第29回青葉賞・G2(4月30日、東京・芝2400メートル)=4月28日、美浦トレセン

 ゆりかもめ賞3着馬のグランシエロ(牡3歳、美浦・武井亮厩舎、父ハーツクライ)は、追い切り翌日の4月28日は厩舎周りで運動をした。

 2週連続で三浦皇成騎手が乗って美浦・Wコースで追われ、4月27日はワイドモーゼ(4歳1勝クラス)を8馬身追走し併入。直線は鞍上が軽くうながしただけで反応する絶好の動きを見せ、64秒8―11秒4をマークした。

 武井亮調教師は「追い切り後も問題ないし、勝負できる仕上がりです。馬体がだいぶ締まって、良くなってきましたね。距離はもっとあっていいぐらい」と仕上がりに自信を見せる。

 日本ダービー(5月29日、東京・芝2400メートル)の出走権は2着までに入れば手に入る。勝って権利をつかめるか注目だ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×