シバター、貯金額2億円明かすも深刻な悩み吐露「ユーチューバーなんて虚業。明日、食えなくなっているかも」

スポーツ報知
シバター

 人気ユーチューバーでプロレスラーのシバター(フリー)が28日、自身のYouTubeチャンネルを更新。現在の貯金額を明かした上でユーチューバーという職業ゆえの悩みを赤裸々に明かした。

 この日、「チャンネル登録者数100万人超えしか分からない苦しみ。」という題名で動画を更新したシバター。

 「私、シバター、登録者120万人くらいはいるんですが、ユーチューバーとして活動していて悩みがたくさんあります。そのリアルな部分をお話しようと思います」と話し出すと、「まずは人生、ゴールしてないです。『お金も相当稼いでいて、ユーチューバーやらなくても全然、生きていけるでしょ? そのくらい蓄えあるでしょ?と』とか言ってくる方がいますが、全然、ゴールしてないです。ユーチューブを8年以上やっていて、稼いでいる月も稼いでいない月もありますが、現在の僕の貯蓄額が約2億円です」と明かした。

 その上で「慎ましく暮らせば逃げ切れるかもしれないけど、付き合いとかもある。普通の月収25万とか30万のサラリーマンの方より、どうしても出ていくお金があるわけですよ。あまり、ぜいたくをしないよう生きていますが、明日からユーチューブやめて貯蓄だけで生きていこうとしたら、税金ももちろんかかるので、貯金だけで余生を過ごすというレベルではないんですよ。ゴールできてないんですよ」と訴えると、「もう一つの悩みは最近の再生数の伸び…。全然、いかない。再生数が全然、取れなくなってきた。登録者数も全然、伸びなくなってきた。入ってくるお金がどんどん少なくなっているのが最近の悩みです」と続けた。

 「視聴者は勝手ですよね。応援している時は『シバターが一番、面白い!』って言っても、ちょっと飽きたら、『おまえ、オワコンだな』って。見なくなったらコメントで辛辣なことを書くんですよ」と本音を漏らすと、「登録数が伸びないのは僕だけでないんですよ。登録者100万人超えの古参のユーチューバーは軒並み伸びてない。新しく出て来た新しいユーチューバーや芸能人の方に一生、勝てない。一生、浮上できない。僕なんてRIZINとかに出て頑張っている方だけど、全然、伸びない。何をやっても数字が伸びなくなってきた。これが悩みですね。長くやっているからこそ、これ以外の仕事はできないって悩みだね」と続けた。

 さらに「三つ目が(広告)案件の金額の設定が難しくなってきたこと。3、4年くらい前までは『ミニマム(最低)100万円でやってますんで』って言って、100万円くらい企業さんからもらってましたけど、今、動画を1本アップして、10万再生、20万再生くらいじゃ100万円はもらえない。案件をいただく時にも金額を下げている。今でも200万円取っているユーチューバーもいるんですが、いくらより下なら仕事を受けないなんて言ったら仕事がなくなる。金額の設定が難しいです」と吐露。

 さらに「四つ目が第二の人生について。8、9年、ユーチューバーをやっていると、もう、これ以外の仕事はできなくなっている。もう、アルバイトはできないんですよ。このシバターという名前を使った仕事をしていかなくてはいけないんですよ。これまで築き上げた知名度を使って、第二の人生を歩んでいくことになると思うけど、ユーチューバーとして生活できなくなった時に何ができるんだろうかって。オワコンになった時じゃ遅いから今から仕込んでおかないといけない。バーをやるのかとか、次の仕事を考えなくては。終わりが見えてきているのがリアルな悩みです」とポツリ。

 最後には「登録者100万人いて、これですよ。明日、なくなるかも知れない。明日、食えなくなっているかも知れないってのが、リアルなユーチューバーの悩みなんです。昔から言ってきましたが、ユーチューブなんて職業は、いつなくなるか分からない虚業ですから。不安ですよ。今は嫁も子供もできたし、守るものもできた中で人生の残り時間はまだまだ、ある。頑張っていかないと。どうしようかなって思っている。それが登録者100万人超えのシバターの悩みです」と深刻な表情で締めくくっていた。

格闘技

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×