河瀬直美監督、暴力を否定「防御としてアシスタントの足元に自らの足で抵抗しました」

スポーツ報知
河瀬直美監督

 映画監督・河瀬直美氏の作品の企画、制作、プロデュースする有限会社組画(くみえ)が28日、文春オンラインが「腹蹴りでカメラマンが途中降板していた」と報じた記事についてコメントした。

 文春オンラインは2019年5月、映画「朝が来る」(20年公開)の撮影中に撮影助手のAさんが方向修正を伝える意図で河瀬氏の体に触れたところ、河瀬氏が「何するの!」と大声で叫びながら、Aさんを蹴り上げたと報じている。これに対し、組画では「両手が塞がって自由が効かない河瀬にとって、急な体の方向転換は恐怖でしかなく、防御として、アシスタントの足元に自らの足で抵抗しました」と暴力を否定した。

 さらに「その後、現場で起こった出来事を両者ともが真摯に向き合い、話し合った結果、撮影部が組を離れることになりました。撮影を継続させるための最善の方法だと双方が納得した上でのことです」と説明。「記事により『朝が来る』という作品が傷つけられ、関係各位、スタッフに不快な想いをさせてしまったことが残念でなりません」と思いを明かした。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×