【注目馬動向】クリノプレミアムは松岡正海騎手とコンビ継続で初G1挑戦 ヴィクトリアマイルへ

福島牝馬Sは2着だったクリノプレミアム
福島牝馬Sは2着だったクリノプレミアム

 福島牝馬S・G3で2着のクリノプレミアム(牝5歳、美浦・伊藤伸一厩舎、父オルフェーヴル)は、状態に問題がなければ引き続き松岡正海騎手とのコンビ継続で、ヴィクトリアマイル・G1(5月15日、東京・芝1600メートル)に向かう。管理する伊藤伸調教師が27日、明かした。

 前走は道中5番手から3~4角で3番手まで押し上げて一気に先頭に立ったが、馬場のいいところを通って最後に追い上げてきたアナザーリリックに差されて首差の2着。「少し(仕掛けるのが)早めでもいいと思っていた。ドンピシャの競馬だったと思います。馬もあの時点で行く気は満々でしたからね。力はつけていると思います」とトレーナー。2走前の中山牝馬Sで重賞初制覇を成し遂げ、福島牝馬Sでも2着。安定感が出てきており、初のG1でも楽しみだ。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×