【天皇賞・春】テーオーロイヤルが坂路で追い切り、岡田調教師「今からワクワクしている」

◆第165回天皇賞(春)・G1(5月1日、阪神・芝3200メートル)追い切り=4月27日、栗東トレセン

 前走のダイヤモンドS制覇で4連勝。屈指の勢いを持つテーオーロイヤル(牡4歳、栗東・岡田稲男厩舎、父リオンディーズ)は、1週前に強い追い切り(CWコース81秒9―11秒1)を行っているため、この日は菱田裕二騎手を背に坂路を単走。

 前日の雨の影響で非常に重くなった馬場だったが、のめることはなく、確実にウッドチップをとらえて力強く進んだ。最後まで手綱は抑えたままだったが、ぶれないフォームで駆け抜けて54秒7。

 岡田調教師は「予定通りです。前走から間隔をあけてリフレッシュしていますし、先週には強い負荷をかけていますから。雰囲気はすごくいいですよ。初めての58キロですが、目を見張るほど成長していますし、スタミナがあるので克服してくれると思います。師弟で挑めるわけですし、いまからワクワクしています」と、さらに増幅させた勢いで初のG1を奪取するつもりだ。

すべての写真を見る 1枚

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×