勘九郎、朗読劇「バイオーム」で宝塚のレジェンドと共演 「人見知りですが楽しみ、ワクワク」テンション全開

スポーツ報知
朗読劇「バイオーム」に出演する(左から)麻実れい、中村勘九郎、花總まり

 歌舞伎俳優・中村勘九郎(40)が26日、都内で行われた朗読劇「バイオーム」(脚本・上田久美子、演出・一色隆司)の制作発表に参加した。

 勘九郎は元男役の麻実れい(72)、元娘役の花總まり(49)と宝塚スターのレジェンドと共演。「こんな豪華な皆さんとご一緒できてワクワク。本当は人見知りですが、楽しみ。歌舞伎は男だけ。男だけだと臭いんですよ~」とテンション全開で答えながら苦笑い。

 麻実と花總は、勘九郎のエネルギッシュさに一目置いている様子。麻実は「(勘九郎から)いただけるものはいただく」と早くも芸のぶつかり合いを示唆した。「歌舞伎は小さなコミニティ。けいこはいつも4、5日で幕をあける。ひとつの作品をじっくりつくっていけるのも楽しみ」と勘九郎は終始、笑顔だった。

 脚本の上田氏は3月まで宝塚の演出家だったが、今月から外部に本格進出。バイオームは英語で生物群系を意味する。勘九郎以外、出演者の大半が人と植物の2役を演じることに上田氏は「いまの社会から感じたことを人と植物の二重層に。全員が被害者であり、加害者ともいえる。すてきな作品に仕上がることを期待している」と話した。公演は6月8~12日、池袋の東京建物Brillia HALLで。配信も行う。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×