山本圭さん、死去 81歳 名バイプレーヤー「若者たち」「ひとつ屋根の下」「白線流し」

スポーツ報知
山本圭さん

 テレビドラマ「若者たち」や舞台など幅広く活躍した俳優の山本圭(やまもと・けい)さんが3月31日午前9時20分、肺炎のため死去した。81歳だった。葬儀・告別式は近親者で執り行い、喪主は長女の慧美(えみ)さんが務めた。

 大阪府出身の山本さんは1959年に俳優座養成所に入所し、叔父の山本薩夫監督の「乳房を抱く娘たち」で映画デビュー。両親を亡くした5人兄弟がたくましく生きる姿を描いたフジテレビ系の青春ドラマ「若者たち」に出演し、脚光を浴びた。同作の映画版などで毎日映画コンクール男優助演賞を受賞した。

 90年代以降はバイプレーヤーとして若手俳優を支える立ち場での出演が目立ち、フジテレビ系ドラマ「ひとつ屋根の下」「白線流し」、NHK大河ドラマ「天地人」などで存在感を発揮。テレビ朝日系の昼ドラマ「やすらぎの郷」「やすらぎの刻~道」では、石坂浩二(80)演じる主人公の盟友で「大納言」と呼ばれる元時代劇スターを演じた。舞台はハムレット劇「ハムレット」「リア王」などに出演した。

 俳優の山本学(85)は兄、山本亘(79)は弟。囲碁棋士の妻・小川誠子(ともこ)さん(享年68)とは19年に死別した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×