【高校野球】浦和学院・三上栞汰が公式戦初打席で本塁打

公式戦初打席で本塁打を放った浦和学院・三上(左)と4安打と活躍した小林
公式戦初打席で本塁打を放った浦和学院・三上(左)と4安打と活躍した小林

◆春季埼玉県大会▽2回戦浦和学院9―0本庄=7回コールド(25日・大宮公園)

 センバツ4強の浦和学院が7回コールド勝ちで初戦を突破した。

 センバツ後初の公式戦で、森大監督は「新戦力が活躍していたので使ってみたかった」。エース左腕・宮城誇南(3年)、4番・鍋倉和弘(3年)を25人の登録から外し、出場機会の少なかった選手を起用。その期待に応えたのが公式戦に初めて登録された192センチ、103キロの三上栞汰(かんた・3年)だった。

 3回2死三塁、代打で登場するとカウント3―1からの内角高め直球をフルスイング。高々と上がった打球は左翼の芝生席上段へ落ちた。公式戦初打席での初安打が2ランとなり「期待に応えたかったです」と笑みを浮かべた。パワーを誇る右打者は「打は粗さがあって守りも課題があった」(森監督)とメンバー入りを果たせず、センバツではアルプス席で太鼓をたたいていた。「勝ちに少しでも響くように応援していました」。大会前に調子を上げて公式戦で初めてメンバー入り。一振りで結果を出した。森監督も「完璧でしたね。悔しい思いもしてきましたし、狙い通りのスイングをしてくれました」とほめたたえた。

 1年生の三井雄心も7番・一塁で先発し3打数1安打。投げては先発した右腕・月野龍(2年)が3回を1安打、無失点に抑えるなど新戦力が台頭。「下級生や出られなかった選手がよく活躍してくれて、いい試合ができました」と森監督。3季連続の甲子園へ、戦力がさらに厚みを増してきた。

 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請