島田高志郎 同門の宇野昌磨の金メダルに「先輩みたいになりたい。かっこよかった」

スポーツ報知
ブルーム・オン・アイスで演技する島田高志郎(カメラ・渡辺 了文)

 フィギュアスケートのアイスショー「ブルーム・オン・アイス」が23日、木下アカデミー京都アイスアリーナで行われ、島田高志郎(木下グループ)は「チャップリン」を熱演した。

 昨季について「自分にとって新たなスタート地点になったシーズンだったと言える。いい試合ばかりではなかったけど、数少ない試合の中から得た経験だったり、今後につながる課題がすごく明確になった。そういう意味では、すごくいいシーズンだった」と振り返った。

 オフの間に取り組んでいる課題に、体の強化を挙げた。「4回転の安定や、4回転ルッツの挑戦とか、地道に取り組んでいる状況。とにかく試合で自分の力を発揮することが課題でもある。試合での演技が自分の実力ではあるんですけど、『もっとできるだろ、自分』という思いが毎回積み重なって、毎日過ごしているので、それが少しずつ払拭できたら」と語った。

 同じステファン・ランビエル・コーチに師事する宇野昌磨(トヨタ自動車)が世界選手権で金メダルを獲得した。「(ランビエル氏が)とにかく昌磨くんが優勝した時に、すごく喜んでいた。自分は見ていて、本当に先輩みたいになりたいなというか、かっこよかったなというのがすごくあって。次は僕の番だな、もっと頑張らないといけないなと強く感じたので、また一緒に頑張って行きたい」と目を輝かせた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×