【中日】立浪監督、登録抹消された根尾昂の“再コンバート”明言「外野は打てる選手が多く、チャンス少ない」

遊撃手での根尾昂
遊撃手での根尾昂

 中日・立浪和義監督が21日、バンテリンドームでの練習後に取材に応じ、出場選手登録を抹消された根尾昂外野手を、今後は遊撃として起用すると明言した。

 根尾はこの日、ウエスタン・ソフトバンク戦(ナゴヤ球場)に「1番・遊撃」で先発。4打数無安打だったが、指揮官は「外野の守備を見てると遊撃もおもしろい。外野をやってることも、ピッチングしてることも、遠回りしてるようですけど彼にはプラスになると思ってやらせている。外野は打てる選手が多く、チャンスが少ない。京田にライバルらしいライバルもいない状態。そういう意味でもやらせてみようという決断になりました」と説明した。この日、視察したナゴヤ球場で本人と話し合ったという。

 昨秋のキャンプで、今季は外野一本に専念することを伝えた立浪監督だが「秋の段階では、京田の守備力考えればなかなか内野で出ることはない。打てれば外野で出ることができるということだった。状況、状況に応じて変わっていく。本人も『やりたいです』と話していた」。今後は、2軍の試合で遊撃として起用していく方針だ。

野球

×