坂本花織がJOC杯受賞 北京五輪3位、世界選手権で8年ぶりのV「お力添えに感謝」

スポーツ報知
坂本花織

 日本スケート連盟は21日、都内で理事会を開き、2021~22年シーズンの最優秀選手にあたるJOC杯の受賞者に、フィギュアスケート女子の坂本花織(シスメックス)らを選出した。坂本は2月の北京五輪で銅メダルを獲得。3月の世界選手権では、2014年の浅田真央以来8年ぶりとなる金メダリストとなった。

 この日はスケート連盟の優秀選手表彰祝賀会が開かれ、坂本も出席。JOC杯を受け取った坂本は「本日は、このような場を設けて頂きありがとうございます。コーチの皆さん、連盟のみなさん、スポンサーの皆さま、その他関係者の皆さまのおかげで私たちはこうやって、競技に専念することができていると思います。本当に、お力添えには感謝しています。今後とも精進して参りますので、よろしくお願い致します。本日は本当にありがとうございました」とあいさつした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×