俳優・岡崎二朗、反ワクチン団体「神真都Q」のリーダーを務める実子の接種会場侵入容疑逮捕を受け謝罪

スポーツ報知
岡崎二朗

 俳優の岡崎二朗が20日、実子・倉岡宏行容疑者(43)の逮捕を受けて、報道各社へのFAXで謝罪した。倉岡容疑者は同日、東京・渋谷区にある新型コロナウイルス感染症のワクチン接種会場に押し入ったとして、警視庁公安部に建造物侵入容疑で逮捕された。

 倉岡容疑者はワクチン接種に反対する団体「神真都Q」のリーダーを自称。逮捕容疑は、7日午前9時半ごろから1時間以上にわたり、子ども向けの接種会場となっていた渋谷区内のクリニックに侵入した疑い。倉岡容疑者と一緒に現場にいた同団体メンバーとみられる男女4人を建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。

 岡崎二朗は「この度は、私の息子が皆様に大変なご迷惑をお掛けし大変申し訳ございませんでした。本人には、法律によって厳罰に処され罪を償い、今回ご迷惑をお掛けした皆様にも償いをし、1日も早く更生し社会のお役に立てるような人間になって欲しいと願っております。被害者の方々には心よりお詫び申し上げます。またご迷惑をお掛けしました関係者の皆様にも重ねてお詫び申し上げます」とコメントした。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×