柔道女子・増地克之監督がミズノ・メントール賞を受賞「パリ五輪へ気を引き締めて準備したい」

「ミズノ・スポーツメントール賞」「ミズノ・スポーツライター賞」受賞者と選考委員
「ミズノ・スポーツメントール賞」「ミズノ・スポーツライター賞」受賞者と選考委員

 優秀な指導者に贈られる「2021年度ミズノ・スポーツメントール賞」の表彰式が20日、都内で行われ、柔道界からは東京五輪で女子日本代表を率いた増地克之氏が受賞した。

 2016年11月に全日本女子の監督に就任し、東京五輪では女子7階級で金4を含む6個のメダルを導いた。新種目の男女混合団体でも銀メダルに貢献。増地監督は昨夏の東京五輪を「延期になり、非常に難しい五輪だったが、その中でも選手たちは自分を見失わず、コーチ・スタッフもコミュニケーションを取りながら本当にやってくれたと思う」と振り返り、「この賞も私だけではなく、関わってくれた皆さまの力のたまもの」と感謝を込めた。

 女子日本代表は2日の全日本体重別選手権、17日の全日本女子選手権を終えて、10月の世界選手権、9月のアジア大会の代表が決定した。5月上旬には新メンバーで最初の代表合宿を予定。「この賞をいただいたからには3年後のパリ五輪に向け、もう一度、気を引き締めてやっていこうという気持ちになった。(東京五輪後に)新たなコーチングスタッフになったが、しっかり準備していきたい」と決意を語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請