「羽生結弦展2022」スタート 「SEIMEI」「天と地と」「マスカレイド」の衣装も

スポーツ報知
「羽生結弦展2022」で多くの写真が展示された(カメラ・佐々木 清勝)

 フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌五輪を連覇した羽生結弦(ANA)の写真展「羽生結弦展2022」(主催・読売新聞社)が20日、東京・日本橋高島屋で始まった。

 2018年に開催した「応援ありがとうございます! 羽生結弦展」の続編で、シニアに転向した2010―11年シーズンから今年2月の北京五輪までの歩みを振り返っている。

 写真パネル100点や、「SEIMEI」「天と地と」「レット・ミー・エンターテイン・ユー」「マスカレイド」の衣装4点、14年世界選手権と2020年四大陸選手権の金メダル、スケート靴などが展示されている。同会場では5月9日まで。

 ジェイアール名古屋タカシマヤ(7月27日~8月8日)、大阪高島屋(8月10~22日)でも開催される。オンライン事前日時予約が必要で、入場は無料となっている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×