オイスカ浜松国際高(静岡)の女子硬式野球部が11人で本格始動

会見であいさつするオイスカ浜松国際高校女子硬式野球部の松田真輝監督(左端)
会見であいさつするオイスカ浜松国際高校女子硬式野球部の松田真輝監督(左端)
キャッチボールをするオイスカ浜松国際の選手たち
キャッチボールをするオイスカ浜松国際の選手たち

 オイスカ浜松国際高校は19日、静岡県浜松市西区の同校で女子硬式野球部の創部会見を開いた。男子野球部のコーチだった松田真輝監督(25)を先頭に、今月入学したばかりの新1年生11人が、紫色の真新しいユニホームに身を包んで登場。新監督は「全国大会での1勝を目指して頑張りたい」とあいさつした。

 静岡県では昨年、東海大静岡翔洋が女子硬式野球部を創部し、今年はオイスカと静清が続く。5月21日に初の公式戦(センターリーグ2部)を予定しており、会見を終えた11人はキャッチボールなど基礎練習に励んでいた。

会見であいさつするオイスカ浜松国際高校女子硬式野球部の松田真輝監督(左端)
キャッチボールをするオイスカ浜松国際の選手たち
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請