【大学野球】大経大のプロ注目右腕・才木海翔が抑えで1回2安打1失点 「直球9割」の真っ向勝負

9回から登板した大経大・才木海翔
9回から登板した大経大・才木海翔

◆関西六大学野球春季リーグ戦 第3節3回戦 大経大3―1龍谷大(18日・わかさスタジアム京都)

 大経大が龍谷大を破り、2勝1敗で今季初の勝ち点を獲得した。プロ注目右腕・才木海翔(4年=北海道栄)は3―0の9回から2番手で登板し、1回2安打1失点(自責0)だった。

 大経大は先発・高倉明健(3年=岐阜第一)が8回3安打無失点の好投。才木は後輩の好投に「仲の良い後輩に勝ち点をつけてあげられるように。久しぶりに思いっきりいこう」と9回のマウンドに上がった。6球団のスカウトが視察するなか、「直球9割」の真っ向勝負。最速は151キロ(球場表示)で、常時140キロ台後半を計測した。1死から連打を浴び、失策から1失点を喫したが、最後は2者連続三振で締めた。

 5失点(自責0)完投した1回戦(16日)から中1日での登板にも「へこたれてはいられない」と疲れを見せなかった右腕。「失点しているので悔いは残ります」と満足はしなかった。さらに状態を上げ、大商大との次節(5月2日)に挑む。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×