住吉りをんは9位、渡辺倫果は11位スタート イザボー・レビトが72・50点首位

スポーツ報知
SP9位となった住吉りをん

◇フィギュアスケート 世界ジュニア選手権 第3日(16日、エストニア・タリン)

 女子ショートプログラム(SP)で住吉りをん(オリエンタルバイオ・明大)は60・62点で9位、渡辺倫果(法大)は59・96点で11位スタートとなった。

 住吉は予定した連続ジャンプが単発となり、渡辺は3回転フリップが1回転になって必須要素を満たせずに0点扱いとなるミスが出た。

 米国のイザボー・レビトが72・50点で首位に立った。フリーは17日に行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×