【注目馬動向】大寒桜賞圧勝のブラックブロッサムは京都新聞杯で重賞初V狙う

スポーツ報知
額のハートマークが印象的なブラックブロッサム

 デビュー2戦目の大寒桜賞で8馬身差の圧勝を演じたブラックブロッサム(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎、父キタサンブラック)は京都新聞杯・G2(5月7日、中京・芝2200メートル)で重賞初制覇を狙うことになった。

 馬主であるシルクホースクラブのホームページで発表された。

 同馬は1月30日の中京で新馬を勝った後、2戦目の大寒桜賞では好位から抜け出し、後続に8馬身差をつけ、クラシック戦線で注目を集めている。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×