藤田菜七子騎手は日曜に阪神で4鞍に騎乗 前走2着から連続騎乗のタイゲン「ハナにはこだわらない」

スポーツ報知
藤田菜七子騎手

 藤田菜七子騎手=美浦・根本康広厩舎=は土曜は乗り鞍がなく、日曜に阪神で4鞍に騎乗を予定している。

 4Rのタイゲンは初コンビだった前走、果敢に先手を奪うとしぶとく二枚腰を発揮。2着に粘り込み、2走前の3着からさらに前進した。今年2勝目のビッグチャンスを生かすべく、6日に栗東・坂路の最終追い切りで感触を確認した。軽快なフットワークで53秒2―13秒1をマーク。「1回使って馬が良くなっているかなと追い切りで感じました。前走はいい競馬でした。ゲートが速く、ハナにはこだわらないので、前めで競馬ができれば」と今度こそ勝利へ導く構えだ。1Rのマーゴットリリーも7日の最終追い切りに騎乗。栗東・坂路を56秒3―13秒5で余力十分に駆けた。初めてのダート1200メートルで前進を狙う。2Rのスマイルカットは昨年10月の新潟でのデビュー戦でコンビを組み5着。今回は初めてのダート戦がカギになりそうだ。

【日曜阪神】

1Rマーゴットリリー(牝3歳、栗東・高橋義忠厩舎、父ラブリーデイ)

2Rスマイルカット(牝3歳、栗東・安田隆行厩舎、父ハービンジャー)

4Rタイゲン(牡3歳、栗東・平田修厩舎、父アジアエクスプレス)

5Rイチザウイナー(牡3歳、栗東・服部利之厩舎、父ヴァンセンヌ)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×