【阪神牝馬S】異なる3冠牝馬の子が初対決 ジェラルディーナVへ好感触 アカイトリノムスメ倒す

スポーツ報知
アカイトリノムスメとの初対決が注目されるジェラルディーナ

◆第65回阪神牝馬S・G2(4月9日、阪神・芝1600メートル)

 未知の魅力で史上初の一戦に挑む。2012年の3冠牝馬ジェンティルドンナの娘、ジェラルディーナは阪神牝馬S・G2(9日、阪神=1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権)で約1年ぶりにマイルへ参戦する。今回はアパパネの娘となるアカイトリノムスメも出走。異なる3冠牝馬の子同士による対戦は日本競馬史上初だ。

 昨夏の1勝クラスから3連勝で一気のオープン入り。ここ2走はともに4着だが、牡馬の一線級相手の重賞で善戦した。「気性的に落ち着いてきたのは大きいです」と斉藤崇調教師。先週の大阪杯を除外されての参戦だが、今週の栗東・CWコースでは6ハロン86秒4―11秒4と鋭いフィニッシュ。仕上がりに不安はない。

 新たにコンビを組む幸は03年のスティルインラブで3冠牝馬の背中を知る男でもある。今週の追い切りで感触を確かめ、「いい馬です。しまいにしっかりと脚を使えるので、外回りはいいと思います」と好感触。歴史的な一戦を制し、本格化への布石とする。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×