高畑裕太、騒動後に遺品整理職→介護職3年勤務を告白「想像以上に大変な仕事で、何度も辞めようと…」

スポーツ報知
高畑裕太

 俳優の高畑裕太(28)が自身のインスタグラムを更新。3年間、介護施設で勤務していることなどを明かし、施設での昼食などを公開した。

 高畑は「実はついこの間まで世田谷区の介護施設でヘルパーとして約3年間勤務しておりました。(現在も籍は置いている。)休職の理由としては、俳優活動をもっと勢力的に行っていきたい。またハイワイヤの運営を見直し、企画考案のための時間を設けたい。という考えで。現在は職場から離れて生活している」(原文のまま)と明かし、介護施設の予算500円で作られたという昼食の写真を複数枚アップ。「俺の今の気持ちとしては、『自慢気』の一言に尽きます。や、実際凄くないか?介護施設の昼食でこのクオリティは。(所々おやつもあるが)」とコメントを添えた。

 「元々興味があって始めた介護職でしたが、想像以上に大変な仕事で、何度も辞めようと思った事もありましたが、ここのご飯に心奪われて」と昼食が働く原動力になったというが、ハッシュタグには「#正直天職だと思う」とも。

 さらに「当初は役者である自分(主役になりたい自分)とヘルパーである自分(利用者様に主役になって頂く様、試行錯誤していく)とが混同し、時折、利用者様とのコミュニケーションが上手くいかなかったり、注意を受ける事も多々ありました」と失敗もあったというが「どうやったら人に喜んでもらえるか。他者への『理解』を深めるという事はどういう事なのか。という事を考え続けた3年間は、自分にとってとても尊い日々でした」とした。

 介護職は遺品整理の前職上司の勧めがあったことも明かし、「本当に沢山色んな事を教えてくださりありがとうございました。お陰で介護が大好きになりました。今は役者として売れる事、ハイワイヤで面白い作品を創作していく事を主な目標として生きておりますが、落ち着いた折には、再び介護に関われる人生にしていきたいとも思っています。人生、頑張るぞ!!!!!って感じです」と記した。

 高畑は2016年8月に強姦致傷容疑で逮捕され=後に示談成立、不起訴=、19年8月に舞台で芸能界に復帰した。20年8月23日のインスタで公式ホームページを開設したことを報告。過去に凍結させたツイッターとインスタグラムを再開することも発表した。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×