J1湘南がアウェーで名古屋に逆転負け FW大橋祐紀が先制ヘッドも開幕7戦未勝利

スポーツ報知

◆明治安田生命J1第7節 名古屋2―1湘南(6日、豊田スタジアム)

 J1湘南がアウェーで名古屋に1―2で逆転負けし開幕7戦未勝利となった。前半8分にFW大橋祐紀がCKから頭で合わせ先制した。だが、後半4分にオウンゴールで失点。後半の早い時間帯での失点は3戦連続と“悪癖”を直せなかった。その後は猛攻を浴びたが日本代表GK谷晃生が好セーブをみせ反撃のチャンスをうかがった。後半35分に大橋がネットを揺らしたがオフサイド判定になった。

 後半終了間際に、MF石原広教がペナルティーエリア内でファウルを犯し、退場。PKも決められ1―2と勝ち越しを許し、敗れた。名古屋戦は19年7月7日に勝って以来5戦勝ちなしとなった。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×