【女子野球】福井工大福井が女子の“センバツ”初優勝 東京ドームでの決勝を制す

スポーツ報知
優勝を決めた福井工大福井(カメラ・小林 泰斗)

◆第23回全国高等学校女子硬式野球選抜大会最終日 ▼決勝福井工大福井2―1神戸弘陵(兵庫)=延長10回(3日・東京ドーム)

女子の“センバツ”の決勝が史上初めて東京ドームで行われ、延長10回(タイブレイク)の末、福井工大福井が2―1で昨夏の大会で優勝した神戸弘陵(兵庫)を下して初優勝を果たした。

 福井工大福井は0―0の4回、1死一、三塁から児玉椛姫(ゆあ、3年)の右ゴロの間に1点を先制。6回に追いつかれて延長タイブレイクに突入した10回、1死二、三塁で東ここあ(3年)の二ゴロの間に三塁走者が生還して勝ち越し。先発の吉森みひろ(3年)がその裏の神戸弘陵の反撃をしのいで完投した。

 中村薫監督は「部員39人全員で優勝することを目標にしていた。本当にうれしいです」と喜びを口にした。主将の東は「日本一になろうとしていろんなことを犠牲にしてやってきた。最後それが報われてよかったと思います」と笑みを浮かべていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×