香妻陣一朗が桂川有人とのプレーオフを制し、ツアー2勝目…東建ホームメイトカップ

1番、ティーショット後に笑顔を見せる香妻陣一朗
1番、ティーショット後に笑顔を見せる香妻陣一朗

◇日本男子プロゴルフツアー 東建ホームメイトカップ 最終日(3日、三重・東建多度CC名古屋C=7062ヤード、パー71)

 ツアー1勝の香妻陣一朗が通算14アンダーで首位に並んだ23歳の桂川有人(ともに国際スポーツ振興協会)とのプレーオフ(PO)を1ホール目で制し、20年11月の三井住友VISA太平洋マスターズ以来のツアー通算2勝目を飾った。

 18番パー4で行われたPOで、桂川が6メートルのバーディーパットを外した。香妻が約5メートルのバーディーパットを決めきり、ガッツポーズで雄たけびを見せた。

 桂川は5打差の5位から出て、8バーディー、1ボギーの64と猛追し、POに持ち込んだ。1月のSMBCシンガポールオープンで2位に入り、7月の海外メジャー、全英オープン(英国)の出場権を得ており、初優勝こそ逃したが、初メジャーへ「自信」をつけた。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請