【阪神】小川一平、3被弾で5回途中5失点KO 5球で2点リード追いつかれるなど巨人の猛攻止められず

スポーツ報知
3回1死、ポランコ(手前)に右越えソロ本塁打を打たれた小川一平(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ 巨人―阪神(2日・東京ドーム)

 阪神の先発・小川一平投手が巨人打線の勢いにのみ込まれ、3被弾で4回1/3を5失点で降板となった。

 2点リードの初回、先頭の吉川尚に左翼線二塁打を許すと、坂本には左翼へ2ランを運ばれた。1死も取れず、5球で同点に追いつかれた格好だが、続く3番・ポランコをチェンジアップで空振り三振。佐藤輝のファインプレーもあり岡本を右邪飛、中田を遊ゴロで乗り切った。

 しかし2回は先頭・丸に高めに浮いた直球を捉えられ、勝ち越しソロを右翼席に。3回にはポランコにも一発を浴び、1日の同戦で登板した藤浪に続いて巨人打線に3被弾。4回はこの日初めて3者凡退に抑えたが、5回に1番・吉田尚に四球、坂本に左翼へ二塁打を打たれ、1死二、三塁のピンチを招き、5回途中4失点でマウンドを降りた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×