川崎、恒例4・1ネタに“本当”仕込む 俳優・谷口彰悟も活用のリクルートダイレクトスカウトと契約

スポーツ報知
リクルート社のキービジュアルを背景に凜々しい表情を見せる俳優・谷口彰悟(川崎フロンターレ提供)

 J1川崎は1日、株式会社リクルート(リクルートダイレクトスカウト)と2022年シーズンのオフィシャルパートナー契約を(本当に)締結したことを発表した。

 アップシャツの背中広告、ホームゲーム入場ロード装飾等の協賛となるほか、契約初日となったこの日、SNSなどで発信されるクラブ恒例のエイプリルフールネタ(DF谷口彰悟、ダイレクトスカウトを受け俳優業へ転職)の盛り上げにも一役買った。

 クラブは、同社より提供を受けた本物のキービジュアルを利用し、オマージュ写真を撮影。モデルには「サポーターより日頃から『イケメン』『俳優でもやっていける』と言われているから」(クラブ関係者談)と、谷口を起用した。

 テレビCMなどでお馴染みの「ハイキャリアに、スカウトという選択肢を」というフレーズとともに、フロンターレを巣立ち、俳優業への転身を選んだ(とされる)爽やかな白シャツ姿の谷口が凜々しい表情を浮かべている。また、転身と同時にドラマの主演、写真集の出版が決定するなど売れっ子俳優への道を歩み出した(とされる)谷口の入浴中、シャワー中、入浴後に髪を乾かしている写真なども公開した。

 クラブ関係者によると、リクルート社は川崎側の“むちゃブリ”を快く受け入れたという。同関係者は「本相談を投げかけた際に面白いと受け入れていただき、前向きに進めてくださったリクルートダイレクトスカウトさんに感謝しています」とコメントした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×